私は現在34歳、主婦です。結婚した当時27歳の体重は47kg身長は160cmなのでスリムな体でした。妊娠出産でプラス5kg、その後も順調に太り気がつくと体重は60kgと少しぽっちゃりとした体型になりました。

産後しっかり元の体重に戻しておけばよかったのですが、母乳をあげていれば自然と痩せるという言葉に甘えてダイエットを先に伸ばしにし、その後も子供の食べ残しやストレス発散にと食事以外にも甘い物を食べたりした結果、気が付くとだらしない体になっていました。

同窓会の誘いがきてダイエットを決意!野菜スープだけを食べるようにしました

そんな時、同窓会の誘いがきました。こんな体で行きたくないと思いつつもお世話になった担任だった先生も来ると聞いてしぶしぶ参加しました。

同窓会に行くとやっぱり参加するんじゃなかったと思うぐらい、独身の同級生はもちろん、2-3児の母なのにみんな学生時代と変わらず痩せていて私だけがぽっちゃりとした体型になっていてショックを受けダイエットを決意しました。

普段の生活は運動量より明らかに食べ過ぎだと自覚はあったので、完食はやめ昼は野菜スープだけを食べるようにしました。ダイエットスープではなく野菜をポタージュ状にしたスープです。

あったい物を食べると満腹感が出るし、ポタージュ状の方が腹持ちがいい気がしたのでこの方法にしました。スープにするものは色々でかぼちゃだったりじゃがいもだったり色々混ぜて作っていました。

夜ご飯で食べるお米の量を半分に減らし子供の食べ残しは、勿体無いと思いつつ捨てるようにしました。

順調に痩せて言ったが立ちくらみや偏頭痛がするようになる

昼をスープに変えただけで運動するわけではないので、本当に痩せるか心配でしたが、体重は毎日減り1週間で1kgのペースで痩せて行きました。

始めた頃は空腹感を感じていましたが、徐々に慣れ胃が小さくなったのか夜ご飯も少量でお腹いっぱいに感じるようになりました。そして夜ご飯のお米も抜くようになりました。

順調に体重が減っていくのでやる気が無くなることはなく余裕で続けられると思っていたのですが、2ヶ月がたった頃、立ちくらみと偏頭痛が常にある事に気が付き、一時的なものかと思っていたのですが、目の前が真っ暗になるくらいの立ちくらみをするようになってこのダイエットのせいではと思いました。

お昼はスープで炭水化物を摂らず、夜もお米を抜くいた事で糖質が減りこういった症状が出たようです。そして1ヶ月半を過ぎた頃から体重も落ちにくくなっていきました。

それでも体重は2ヶ月で6kgも減っていたので、目標の50kgまでもう少し続けたいと思っていましたが、でもこれ以上続けたら体調を壊すと思いやめました。

食事制限のダイエットは怖い!カロリーを抑えた炭水化物を摂るようにした

食事制限ダイエットは短期間で体重もみるみる落ちて痩せるのは簡単でした。でもこんな風に体調に影響があったのは初めてだったので食事制限のダイエットの怖さも知ることができました。

それからは、お昼はカロリーを控えた物を食べとパンかご飯も必ず食べるようにし、夜ご飯は以前のようにお米もしっかり食べるようにしました。

そうすると立ちくらみと偏頭痛はすぐに治りました。今は間食を控えるように心がけ、体重は2キロプラスで現在56kgを維持しています。目標は50kgなので今度は運動もしながら健康的にダイエットしようと思います。

また食事制限で痩せてもお腹のたるみや腰回りについた肉は相変わらずたるんだままです。運動をして脂肪燃焼や筋トレで引き締めない限りこのたるみは変わらないのだと思いました。

あと野菜スープはお金がかかります。旬の野菜やできるだけ安い物を買っていましたが、色々な種類の野菜を買えば高くなるし、毎日食べるとなるとかなりの野菜が必要でした。スープダイエットはあまり経済的なダイエットではないと言うことも学びました。