diet_sippai-2

30代前半女性です。私が挑戦して失敗したダイエットは糖質抜きダイエットです。私が28歳のとき年齢とともについてくる腰回りや太ももの脂肪が気になりダイエットをしました。

20代前半でかっこよく着こなしていた服が、お肉がついた事によってなんかバランスが悪いのです。やはり今まで通り生活していても、代謝が落ちてきたのか明らかに太ってきていました。

アパレルで働いているので、服を売るために自分自身の見た目もとても重要で、上司からも太ったりするとすぐに注意されるので短期間で痩せるダイエットを選びました。

本当は運動して健康的に痩せる事が理想ですが、今まで運動もしたこともなく運動や身体を動かすのは続かないので、糖質を食べない糖質抜きダイエットに挑戦しました。

食事をしても低血糖!イライラとぼ~っとに始まり、立つのがやっとから手の震えまで

朝、昼、夜の食事は野菜サラダかスープにお肉を食べるくらいです。もともとそんなにご飯は好きではなかったので糖質を食べない事に何も抵抗はありませんでした。

これなら簡単に続けられるかもと自分では思っていたのですが、自分の身体はそうではなかったようです。ダイエットをはじめて2週間程すると、糖質が摂れないことで食後でもすぐに低血糖のような気分の悪さが頻繁に起こるようになりました。

でも糖質が摂れないので常にイライラするのです。また頭もぼーっとしていてさっきまで何を考えていたっけ?みたいな事が多く起こりようになり仕事でもミスが多くなりました。

でも1カ月で体重は2kg落ちました。あと1ヶ月続ければ結構痩せるかなっと思って続けたかったのですが、常にフラフラするようになり立ち仕事なのに立っているのがやっとでした。手の震えも出てきたのでさすがにこれはやばいと思い普通の食事に戻しました。

体が糖質を欲する!とにかくご飯やパンが食べたい。リバウンドで5キロ増えました

普通の食事に戻すと今まで不足した分身体が糖質を必要とするのか、いつも以上にご飯やパンなどの糖質を食べたいと思うようになっていました。

極力普段の量を食べるようにしていましたが制御が効かないというか1度ご飯を口にすると、まだお腹が空いた感じがしてまだ食べたいという欲求が止まらないのです。

食べないとストレスでいつも以上にイライラするようになりました。1度何かがプツンとはじけコンビニに走りご飯や菓子パンをたくさん買って思いっきり食べてしまいました。そうすると頭がスッキリしたのです。

それがなんとも言えない感じで気持ちがよく、それからは以前より糖質をとる量が増えていき、気がつけば元の体重にプラス5kg太ってしまいました。

糖質は必要な栄養素!糖質抜きダイエットは危険がいっぱい

必死な思いで2kg痩せたのに戻るのはあっという間でさらに5kgも太るなんて本当に情けないですが、糖質を抜くと身体がエネルギーをためようとする身体になるため、前より太りやすい身体になるそうです。

そして私のように、食べれなかったストレスですごい量のご飯を食べたいという欲求がでてついつい食べすぎるようにもなってしまいます。

今回のダイエットで糖質は身体にとって大事なエネルギーで食べないという事は無理だという事がわかりました。

脳を働かせるのにも糖質が大事なので糖質を完全に抜くのではなく、量を減らすなど糖質制限をするようにすれば私のような極限状態になることもなかったのだと思います。

上手に制限していけばリバウンドする事なく痩せるとは思いますが、今は糖質抜き、糖質制限ダイエットにまた挑戦しようとは私は思いません。

栄養バランスが大切だと良く分かった

やはり栄養バランスの摂れた食事は、健康な身体を作るのに1番大事だという事が今回のダイエットで身にしみて感じました。いくら痩せても不健康では仕事もできず、全く意味がないと感じさせられたダイエットでした。

その後運動してまだ3kgしか減っていませんが、頑張って元の体重まで戻そうと思います。